蜂の巣

巣を作る害虫の対策とは

蜂駆除は全身を白っぽい服と帽子などで身を包み、夕方から夜間にかけて作業を行います。害虫駆除用の燻煙剤や殺虫剤をふりまいて、蜂の動きが鈍くなってから始めるようにしましょう。高いところにある巣は脚立などを使って取り除きますが、難しい場合は駆除業者に依頼したほうが安全です。

侵入経路の確認

シロアリ被害

注意する箇所

シロアリの対策を行うにはいつくか侵入されやすい場所の把握と対策が必要になります。まずシロアリを家内で発見した場合、どこかに巣を作っている可能性があります。シロアリが好む空間は暗く湿った場所です。その為、屋根裏や床下、普段あまり使わない倉庫などに巣を作っている可能性があります。もし巣を発見してもその場で殺虫スプレーなどで駆除してもあまり効果に期待できません。シロアリは基本的に外から侵入してきます。床下の木材などを食べ掘り進める事もあります。飛来して窓から侵入するケースもあるので、まず侵入経路の割り出しが重要になります。もし侵入経路の割り出しを行う前に駆除した場合、また数日後に侵入してきたシロアリが巣を作ってしまいます。その為、まず侵入経路を防いだ後に駆除を行う必要があります。もしくは侵入経路の対策を事前に行う事も重要になります。床下の対策の場合にはまず、水道管が破裂していないか、水漏れなどがないか、等を確認します。もしこの時上記の様な場合になっていた際には業者に依頼しましょう。特に侵入経路を発見した際にも業者を呼ぶ事も大切です。知識も無く駆除してしまうと二次災害の恐れがあります。業者に依頼する事で再発防止のアフターケアなどにも期待できます。もちろんある程度、知識を持って入れば自分に対策を行う事も可能です。業者を呼ぶと対策など、安心な点もありますがその分依頼料はかかります。もし、自分できるのであればその料金を節約する事もできます。

作業員

成功のコツを覚えよう

蜂を退治するために覚えておきたい成功のコツは、業者を即決しないことです。早く安全な生活を取り戻したい考えはあったとしても、料金や評判といった情報をきちんと調べてから業者を選んだ方が満足できる可能性は高くなります。

ハクビシン

可愛いけど要注意です

可愛らしい見た目で性格もおとなしいのですが、実った果樹や野菜を好むという食性のためハクビシンは害獣として認定されています。しかし特定外来生物として指定されてはないので、ハクビシン駆除したい場合は専門の駆除業者にお願いしましょう。

シロアリ

貴方の手で我が家を守ろう

シロアリへの対策は大事な家屋を守るための必須事項です。具体的には、家屋をよく観察しましょう。家屋の基礎部分に、蟻道がないか、換気口を塞ぐ、廃材を置くなど、シロアリの痕跡がないか、好む環境を作ってないかを確認するのです。そうして、シロアリの発生を防ぎ、発生してもすぐに気づける習慣を作るのが大切です。

ハチ

実績のある業者を探します

家の敷地内で蜂の巣を発見したときに自分で対処するのは危険性がとても高くなるので、プロの駆除業者を探しましょう。その際はなるべく近場で長期間に及ぶ実績がある業者を選び、実際の駆除前によく打ち合わせをすることが大事です。