貴方の手で我が家を守ろう

シロアリ

日々の観察が家屋を救う

大事な家屋を食らう害虫、シロアリについて、存在自体は多くの方が知っていることでしょう。家屋の形態にもよりますが、木造部分が存在すればそこを食い荒らされる危険性は避けられません。基礎部分や大事な柱などを食い荒らされてしまえば、地震などの災害の際、致命的な倒壊に繋がるおそれもあります。ゆえに、シロアリへの対策は必須といえるでしょう。では、シロアリから家を守るために具体的にどのような対策をすればいいのか、それは自身の眼で我が家をよく観察することです。小さいシロアリ自体を発見するのは困難でしょう。ゆえに注意して見るべきは、シロアリの痕跡が存在しないか、またシロアリの繁殖しやすい環境を作っていないかの確認です。シロアリの痕跡として分かりやすいものとして、蟻道と呼ばれるものがあります。これは字の通りシロアリの通り道です。家屋を外から見て、基礎部分の壁に不自然な土の道が貼り付いていることがあります。その場合、それが蟻道の可能性が高いです。これが存在する場合は、既に家屋内に浸入している可能性が高い為、専門業者に調査を依頼するのが良いでしょう。また、基礎に設置された換気口を室外機や倉庫などで塞いでないかも確認しましょう。床下の換気が出来ていないと湿度が上がり、シロアリの発生しやすい環境となってしまいます。また、家の周囲に廃材や家具などが積まれているならば、早めに廃棄しましょう。それらが彼らの餌となり、やはり繁殖を助ける要因となってしまいます。廃棄が難しければ、ブルーシートを敷き、廃材などと地面を設置しないようにするだけでも対策となります。以上のように、まずはシロアリの発生しづらい環境を維持し、万が一発生してもすぐに気づき、駆除を依頼できるような習慣をつけておくことが彼らへの強力な対策となるでしょう。